EDの精力剤の研究は日々行われている

EDに関する精力剤の研究は日々行われています。そもそも、最初に作られたED治療に関する精力剤であってもバイアグラもこうした研究結果によって生じたものだと言えます。 バイアグラが出来上がった当時のED治療の現場と言うのは、全くと言って良いほど勃起のメカニズムを解明することが出来ていませんでした。実際に、精力剤としてバイアグラが登場した当時ですらなぜこうした治療薬が男性の勃起力を回復させるのかがわかっていなかったのです。 これには、研究過程で気づいたある事情にも原因があります。そもそも、最初に勃起障害を治す可能性がある成分が発見されたのは勃起とは無縁の病気を治療するときだったのです。ある患者に対して特定の薬を提供すると、患者の中に臨床段階で手渡したその薬の服用をやめない人が現れたのです。不審に思った研究者がその薬の成分を調べて効果を研究したところ、勃起の力を回復させることが出来ることがあるということがわかりました。つまり、最初のEDに対する治療薬は偶然生まれた産物なのです。 こうした過程で発見された薬によって、後年勃起がどのようになっているのかを解明することが出来ました。正確に勃起のメカニズムが解明できたのでどのように薬の成分を作用させれば効果が出るのかもわかり、効率的に勃起の力を回復させることが可能な薬が開発されていったのです。実際に、バイアグラの後年に開発された薬はバイアグラの欠点を補うことを目的として開発されたものが大半です。その結果、より良い精力剤を作っていくことが出来るようになりました。 こうした研究は日本ではあまり進められていなくても海外では活発に進められているのでED治療はそれほど難しくはなくなったのです。